shutters

大切なひとたちを写真に残します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妊娠が分かって

生理がこない日々、妊娠なのかなどうなのかなと頭の半分くらいで思いながら
あと半分では自分には起こらないような気がしていたというか
妊娠したくない気持ちも少しはあったというか
始めたばかりの仕事場で妊娠したことが分かったらクビになって旦那さんに迷惑がかかるとか
旦那さんがほんとに喜んでくれるのか?とか
まだ自分が子供でいたいとか
まだ旦那さんと二人で遊んでいたいとか
いい年をしてぜいたくな、かもしれないけど(わたしは35歳)
できたらどうなんだろうという未知の世界に対してのわくっとした気持ちはあるものの、
基本的にはあんまり妊娠したいとは思っていなかった。
ただできない日々が長引くと、自分の体に対する不安が大きくなるなとも思っていた。

実際、反応が出た検査薬を目の前にして
心の中はやけにしんとして冷静でただ現実を「そういうことか」と受け止める感じだった。

その日の仕事が終わり、後日病院に行くとしたら数日黙っていなくてはいけないので
(はっきりとした結果を伝えたかったので)すぐに調べていた病院へ向かった。
休診日…。よくある…。
もうひとつの病院をまた調べてこちらはまず電話で確認。
予約も不要で混んでいないのでどうぞとのこと。
旦那さんには「歯医者に行ってくる」と嘘をついた。罪悪感。
少し離れていたので途中自宅に寄り自転車に乗って向かった。
婦人科の検診は子宮頸がんの検診で2回ほど行ったことがあるくらい。
今回は自分が妊娠しているかどうかが判明する検査なので少し緊張。
問診票に妊娠の可能性があると記入すると、
「そういうことですね、では尿検査がありますのでこちらのカップにどうぞ」と渡された。
小さい病院の待合室で不妊で通っている人ももしかしたらいるのかもと思いまた少し緊張。

しばらくして名前が呼ばれ、「検査薬の反応ははっきり出てた?」と聞かれたので
「はい、わりとはっきり。」と答えた。
久しぶりの診察台に上がり緊張。赤ちゃん、できているのかな。
「婦人科今まで行ったことある?何か言われたことない?生理痛とか、重くない?」と聞かれ
「あ、けっこう重いです、最初の数日は薬を飲んだりしてます。」と答えると
「筋腫の赤ちゃんみたいなのができてるから、それが原因かも。ぼそぼそ…」
とあとは何か話していたけどカーテン越しであまり聞こえなかった。
子宮筋腫。それは。
どれくらい悪いものでこれからどうしたらよくて、そして妊娠は?

診察の結果。
エコーを見ながら、「えーここに赤ちゃんの袋ができていますね。」
おお。赤ちゃんというのは袋に入っているのか。
ほんとに小さな黒い空間。
おめでとうございます、とかそういうのがあるのかと思っていたので実感のないまま
先生の話をとりあえず聞いていた。
「これからは、ヒールの靴は禁止。自転車もだめ。
蚊にさされたらいけないから草むらとかにも行かないように。りんご病の子供に近づかないで。
風疹にかからないように気をつけて。他に何か質問はありますか?」
「あの、お酒とか結構飲んでしまってたんですけど…
仕事場には歩いて15分くらいのところに通っているのですが大丈夫でしょうか。」
「今まで飲んでしまった分は仕方ないのでこれからは飲まないで。
あと歩くのは大丈夫だけどもし体調が悪いようなら診断書を書くから病院に来てください。」
子宮筋腫のことは聞かなかったけど何となく聞きづらくてそのままになった。
まだ4週目で小さいから2週間後にまた来てくださいとのことだった。

エコーの写真をもらって自転車に乗って帰る。
この日が最後に自転車に乗った日。
少し興奮しているような、でも実感は全くないまま、
旦那さんに何て言葉でどういうふうに伝えようと考えながら帰った。


スポンサーサイト
  1. 2016/09/30(金) 12:58:00|
  2. 妊娠中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 検査薬を試した日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otoutoshutters.blog.fc2.com/tb.php/73-6b03b9a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。